SPメニューボタン

ニュース・お知らせ
News・Announcements

2011.04.14
お知らせ
凸版印刷と東洋製罐、リチウムイオン電池用外装材の事業提携で基本合意


凸版印刷株式会社


東洋製罐株式会社


 


凸版印刷と東洋製罐、リチウムイオン電池用外装材の事業提携で基本合意


〜フルラインアップを揃えた世界初のトータルサプライヤーの実現〜


 


 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)と東洋製罐株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子俊治、以下 東洋製罐)は、リチウムイオン二次電池用外装材事業の強化を目的に事業提携することで基本合意しました。


 両社はこの基本合意にもとづき、共同出資による新会社の設立も視野に入れながら、今後詳細について協議を進めてまいります。


 両社の協業により、リチウムイオン二次電池外装材としてソフトパック(アルミラミネートフィルム)、ハードパック(金属缶タイプ)、ソフトパック用メタル保護ケースまであらゆる種類の外装材を扱う世界初の専門メーカーを目指します。


 


【背景】


 現在、地球規模で求められている低炭素社会の構築と多様化する社会ニーズに対して、エネルギーの高効率化と社会・情報インフラの進化に貢献する製品の提供が求められています。


リチウムイオン二次電池は、携帯電話・スマートフォンやパソコンに加え、今後、環境対応車(電気自動車、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車等)の本格普及で大幅な市場拡大が期待されています。またエネルギーの効率的な利用という観点から蓄電池はますます重要となることが予想されます。


この成長市場においては、リチウムイオン二次電池用「外装材」についても更なる用途展開や性能の向上が求められており、高い需要が期待されています。


 


【両社の強み】


 凸版印刷と東洋製罐の協業により、ソフトパック、ハードパック、ソフトパック用メタル保護ケースまでをラインナップするリチウムイオン二次電池用外装材を提供できる世界で唯一のトータルサプライヤーとなります。


 両社の技術力・ノウハウを併せて開発基盤を強化し、製造・販売の一貫体制を構築、技術革新が進むリチウムイオン二次電池外装材において競争力の高い製品をタイムリーに提供することが可能となります。


  


【今後の展開】


 凸版印刷と東洋製罐は、開発力の強化、製造技術の融合を図ることによる高品質と新規生産設備の導入による高生産性を実現することで、事業の効率性を高め、市場ニーズにあった競争力のある製品を提供していきます。     


                                                                                                           


 

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する