時代の変化と私たちの未来
私たちの事業は皆さんの身近にあるからこそ、
常に社会課題と向き合っています。
世界中の人に必要とされる企業グループとなるために何をすべきか?
私たちの製品がどうあるべきか?
私たちは「包む」技術を基軸に、持続可能な社会の実現に向けて活動しています。
FEATURE 01
アジアの経済発展とともに
東洋製罐グループは、欧州・北南米・アジアなど12か国に拠点を構え、事業を展開しています。特に目覚ましい発展を続けるアジアの国々では、容器包装へのニーズがますます拡大することが予想されます。各国の経済が成長し、そこで暮らす人々がより豊かで便利な生活になっていく。いろいろな素材と機能を持つ容器包装を製造することができる私たちは、その過程において、確かな役割を果たすことができるはずです。東洋製罐グループでは現在、東アジアへの展開に加えて、未来を見据えたマーケティングや事業開拓活動を推進しています。
FEATURE 02
社会の課題解決に容器で貢献
東洋製罐グループでは新たな成形技術や自動化・省人化の技術を駆使し、環境に配慮した次世代スマートファクトリーの建設など、環境にやさしいものづくりにもアプローチしています。また、プラスチックの容器包装を大量に製造する企業の責任として、海洋プラスチック問題の解決にグループとして協働するほか、フードロスの解消につながる食品保存技術など、持続可能な社会の実現に貢献する技術開発を進めています。
東洋製罐グループの描く未来をご紹介します