SPメニューボタン

財務・決算
Finance

  • HOME
  • CSR
  • GOVERNANCE(ガバナンス) | 財務・決算

株主・投資家

情報開示に対する方針

東洋製罐グループホールディングスでは、IR基本方針を定め、会社情報の適時適切な開示を行うことにより、株主・投資家の皆さまの信頼を得ることに努めています。

IR基本方針

東洋製罐グループホールディングス株式会社は、株主・投資家および証券アナリストの皆様をはじめとする全てのステークホルダーへの適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、当社に対する信頼と適正な評価を得ることを目的として、株主・投資家の皆様との積極的なコミュニケーションを通じ、会社情報を適時、公平かつ正確に発信いたします。

IR活動の状況

財務状況・決算などに関する情報のリリースなどのほか、積極的に会社情報の開示を行っています。また、マスコミ・アナリスト向けの決算説明会の開催や国内外の機関投資家との個別IR ミーティングなどを実施しており、東洋製罐グループの企業価値を理解していただくことに努めています。

2018年度の主な活動内容

対象者 IR活動
マスコミ
アナリスト
国内機関投資家
  • 決算説明会(中間・期末)
  • 事業説明会
  • 個別IRミーティング(31回)
  • 証券会社主催カンファレンス参加
海外機関投資家
  • 個別IRミーティング(8回)
  • 証券会社主催カンファレンス参加
  • インベスターズガイドの発行
株主
  • 報告書の発行(中間・期末)
報告書
インベスターズガイド
決算説明会

最新の株式の情報はこちらからご覧ください。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する