SPメニューボタン

東洋製罐グループのマテリアリティ(重要課題)
Materiality of Toyo Seikan Group

  • HOME
  • CSR
  • 東洋製罐グループのマテリアリティ(重要課題)

東洋製罐グループは、持続可能な社会の実現に貢献するため、優先的に取り組む課題を「東洋製罐グループ 8つのマテリアリティ(重要課題)」として設定しました。
これは東洋製罐グループの経営思想を踏まえたものであり、経営と一体となったCSRへの取り組みを推進していくための指標となります。この課題に取り組むことにより、2015年9月に国連で採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」の達成にも貢献していきます。

設定プロセス

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
1.社会要求事項の抽出 2.重要課題の特定 3.妥当性の検証 4.優先性の特定

東洋製罐グループのマテリアリティ(重要課題)

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
活動領域 マテリアリティ 実現する内容 SDGsへの貢献

絶えざる新しい
製品・サービスの
創出

社会ニーズに寄り添った
容器・サービスの提供

社会に有用で安全な製品・システム・サービスを開発・提供します

  • 飢餓をゼロに
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

品質保証の充実

製品・システム・サービスの品質と安全性を確保します

  • つくる責任つかう責任

地球環境に
やさしいしくみ

環境への貢献

低炭素社会・資源循環社会・自然共生社会の実現に貢献します

  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • つくる責任つかう責任

サプライチェーンの
持続可能性強化

持続可能な原材料調達体制を確立します

  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

誠実で
責任ある行動

地域との共生

各国の社会情勢、文化や習慣などを理解・配慮した地域貢献活動を推進します

  • 飢餓をゼロに

人権の尊重

基本的人権を尊重し、あらゆる場面で人権を侵害しません

  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に

従業員の尊重

成長・挑戦しつづける人材を育成・支援します

  • すべての人に健康と福祉を
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も

多様性を強みとして活かせる組織風土をつくります

仕事と生活が両立できる柔軟な働き方を実現します

健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を整えます

コンプライアンスの
徹底

公正な事業活動の徹底を図ります

  • 平和と公平をすべての人に

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する