SPメニューボタン

品質保証体制
Quality Assurance System

  • HOME
  • CSR
  • SOCIAL(社会) | 品質保証体制

品質保証体制

東洋製罐グループは、(1)お客さま・社会が安心して使用できる安全な製品・システム・サービスの提供、(2)お客さま・社会から信頼していただける企業グループとしての社会的行動の実践、をグループ品質指針として掲げ、グループ各社の事業活動において品質保証活動を展開しています。また2019年4月に東洋製罐グループホールディングスに品質統括部を新設し、グループ全体の品質リスク低減を推進しています。創業当時からあるべき姿として掲げてきた、「品質優良」「価格低廉」「迅速供給」の精神を継承し、常にお客さまの信頼に応えるため、開発・調達・製造・販売・サービスの全プロセスにおいて、時代にあった品質の確保、向上に取り組んでいます。

事業会社の品質マネジメント組織

東洋製罐グループの事業会社各社では、品質マネジメント組織を設置し、品質管理のレベル向上に取り組んでいます。

会社名 組織
東洋製罐 中央統合マネジメントシステム委員会
東洋鋼鈑 品質管理委員会
東罐興業 中央品質委員会
日本クロージャー 品質保証部
東洋ガラス 統合マネジメントシステム委員会
メビウスパッケージング 中央統合マネジメントシステム委員会

マネジメントシステムの構築

東洋製罐グループの事業会社各社では、品質マネジメントシステム(ISO9001)を構築し、品質の確保、向上に取り組んでいます。また食品向け容器の製造販売を行う各社では、食品安全マネジメントシステム(FSSC22000)を構築し、より安全な製品の提供とフードチェーンにおける信頼性向上に取り組んでいます。中でも、東洋製罐、東洋ガラス、メビウスパッケージングでは、品質、食品安全、環境(ISO14001)の3つのマネジメントシステムを統合運用する「TMS」を構築しています。マネジメントシステムの統合により重複業務を省き、部分最適から全体最適へと視野を広げ、マネジメントシステムと事業活動とが融合した「活きたシステム」を使って、お客さまに信頼されるものづくりを推進しています。

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
マネジメントシステムの構築

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する