SPメニューボタン

品質保証体制
Quality Assurance System

  • HOME
  • CSR
  • SOCIAL(社会) | 品質保証体制

品質保証体制

東洋製罐グループは、(1)お客さま・社会が安心して使用できる安全な製品・システム・サービスの提供、(2)お客さま・社会から信頼していただける企業グループとしての社会的行動の実践、をグループ品質指針として掲げ、グループ各社の事業活動において品質保証活動を展開しています。創業当時からあるべき姿として掲げてきた、「品質優良」「価格低廉」「迅速供給」の精神を継承し、常にお客さまの信頼に応えるため、開発・調達・製造・販売・サービスの全プロセスにおいて、時代に合った品質の確保、向上に取り組んでいます。

事業会社の品質マネジメント組織

東洋製罐グループの事業会社各社では、品質マネジメント組織を設置し、品質管理のレベル向上に取り組んでいます。

会社名 組織
東洋製罐 中央統合マネジメントシステム委員会
東洋鋼鈑 品質管理委員会
東罐興業 中央品質委員会
日本クロージャー 品質保証部
東洋ガラス 統合マネジメントシステム委員会
メビウスパッケージング 中央統合マネジメントシステム委員会

マネジメントシステムの構築

東洋製罐グループの事業会社各社では、品質マネジメントシステム(ISO9001)を構築し、品質の確保、向上に取り組んでいます。また食品向け容器の製造販売を行う各社では、食品安全マネジメントシステム(FSSC22000)を構築し、より安全な製品の提供とフードチェーンにおける信頼性向上に取り組んでいます。中でも、東洋製罐、東洋ガラス、メビウスパッケージングでは、品質、食品安全、環境(ISO14001)の3つのマネジメントシステムを統合運用する「TMS」を構築しています。マネジメントシステムの統合により重複業務を省き、部分最適から全体最適へと視野を広げ、マネジメントシステムと事業活動とが融合した「活きたシステム」を使って、お客さまに信頼されるものづくりを推進しています。

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
マネジメントシステムの構築

2018 TOPICS

BCMがKaizen Awardを受賞

Bangkok Can Manufacturing(BCM)は2018年8月31日、泰日経済技術振興協会(TPA・通称ソーソートー)の主催する“Kaizen Award”で、アルミDI缶ラインの工程改善(潤滑剤排水路の改良・缶胴絞り工程の清掃方法見直し)が高く評価され、“Silver Award”と“Certificated”の2つの賞を受賞しました。BCMでは今後も継続して改善活動を行っていきます。

作業服の切り替え

東罐興業では、従業員の名前の認識性を高めるために、作業服の名前表示を大きくしました。食品の意図的な異物混入を防止するフードディフェンスの管理体制強化につながり、また、マスクで顔が見えなくても後ろを向いていても名前を呼びかけることができ、風通しの良い職場環境につながることも期待されています。2018年10月から順次切り替え、2019年3月に完了しました。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する