人びとのくらしに欠かせない
包装容器の
リーディングカンパニー

東洋製罐グループは、1917年に創立しました。
金属、プラスチック、紙やガラスなどの素材を活かしたさまざまな包装容器を製造し、現在は世界有数の総合容器メーカーです。
国内46社のほか、海外にも50社のグループ会社を設立するなど、グローバルにビジネスを展開しています。

代表取締役社長ごあいさつ

代表取締役社長ごあいさつ

グループ一丸となって新しい価値創造の実現を推進し、世界中のあらゆる人びとを安心・安全・豊かさでつつむ「くらしのプラットフォーム」を目指します。

詳しくはこちら

経営思想

東洋製罐グループには永続的発展のための共通価値基盤があり、それを企業理念体系としてまとめています。
「経営理念」「信条」「ビジョン」からなる経営思想は、経営において、そして私たちが働くうえでの拠り所となるものです。

詳しくはこちら

経営戦略

「長期経営ビジョン2050『未来をつつむ』」の実現に向けた道筋

現在、当社グループを取り巻く環境はかつてないほどに変化し、解決すべきさまざまな社会課題が顕在化しています。
このような状況下にあって、東洋製罐グループは、持続可能な社会の実現に向けて価値の最大化を図るべく、2050年を見据えた「長期経営ビジョン2050『未来をつつむ』」を策定しました。 また、このビジョンの実現に向けて、長期経営ビジョン2050からバックキャストして、中長期経営目標2030、資本収益性向上に向けた取り組み2027、中期経営計画2025を策定しました。

詳しくはこちら

会社概要・組織図・定款

本社所在地、資本金、グループ組織図、定款など、東洋製罐グループホールディングスの概要をご覧いただけます。

詳しくはこちら