グループ早わかり

2023年3月現在

東洋製罐グループの強み

「モノづくり力」

東洋製罐グループの価値創造を支える強みは、さまざまなステークホルダーの皆さまとの
信頼関係に支えられた100年以上の歩みの中で培った「モノづくり力」です。
この力は「技術開発力」「人材・組織力」「供給力」が総合的に発揮されてこそ真の強みとなると考えます。
当社グループは、この強みを活かして世界中のあらゆる人びとを安心・安全・豊かさでつつむ
「くらしのプラットフォーム」の実現を目指します。

at a Glance 数字で見る
東洋製罐グループ

製品シェア

缶・PETボトル
飲料用および食品用紙カップ

国内1

(当社調べ)

35%

30%

60%

※プリフォーム含む

研究開発
・技術

研究開発拠点

10拠点

研究開発人員

824

(2023年7月1日現在)

特許件数

3,002

(2023年7月現在)

意匠(プロダクトデザイン)

1,941

(2023年7月現在)

人材・育成

グループ従業員数

19,976

経営人材
選抜研修

延べ420名受講

(2003年~2022年度)

中核人材のグループ
/他社経験比率

54.6%

(2022年度)

グループ自己啓発
通信教育申込件数

3,431

(2022年度)

生産拠点

生産拠点

国内

77拠点

生産拠点

海外

35拠点

設備投資額

設備投資額

65842百万円

Global Network Global Network

私たちの強みは、多様な専門知識と経験を持つグローバルなグループです。

ヨーロッパ

8

中国

12

タイ

8

インド

1

その他アジア

12

日本

45

米州

7

中南米

1

世界17ヶ国94

中長期経営目標2030

基本方針

2030年に向けた経済価値と社会・環境価値目標を設定し、企業価値の向上を図る

経済価値

売上高 1兆円
営業利益 800億円

社会・環境価値

01Eco Action Plan 2030による環境への貢献

脱炭素社会 2050年カーボンニュートラルの実現に向けて
事業活動での
GHG排出量
(Scope1、2)
50%削減
(2019年度比)
サプライチェーン
でのGHG排出量
(Scope3)
30%削減
(2019年度比)
資源循環社会
枯渇性資源
の使用量
30%削減
(2013年度比)
プラスチック製品の
化石資源の使用量
40%削減
(2013年度比)
自然共生社会
事業活動における取水量
売上高原単位で前年度比
1%改善

02持続可能なバリューチェーンの構築

03多様な人材が成長し活躍できる事業環境の実現