SPメニューボタン

IR基本方針
Basic IR Policy

1.基本方針

東洋製罐グループホールディングス株式会社(以下「当社」といいます。)は、株主・投資家および証券アナリストの皆様(以下、「株主・投資家の皆様」といいます。)をはじめとする全てのステークホルダーへの適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、当社に対する信頼と適正な評価を得ることを目的として、株主・投資家の皆様との積極的なコミュニケーションを通じ、会社情報を適時、公平かつ正確に発信いたします。

2.情報開示の基準

当社は、投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報などの重要事実について、会社法、金融商品取引法等関係諸法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める有価証券上場規程に従い、情報開示を行います。また、諸法令ならびに有価証券上場規程に定める開示基準に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与えると考えられる情報や、当社への理解を深めていただくうえで有用と考えられる情報につきましては、積極的に開示いたします。

3.情報開示の方法

有価証券上場規程に定める開示基準に該当する情報につきましては、株式会社東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公開するとともに、公開後、速やかに当社ホームページに掲載いたします。
また、有価証券上場規程に定める開示基準に該当しない情報につきましても、基本方針・情報開示の基準に従い、適時、公平かつ正確に、株主・投資家の皆様に伝達されるよう配慮いたします。

4.業績予想および将来の見通しに関する事項

当社が情報開示する業績見通し等の将来に関する記述は、当社が開示時点において入手可能な情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等はさまざまな要因により大きく異なる可能性があります。

5.株主・投資家の皆様との対話に関する方針

  1. (1)当社は、株主・投資家の皆様との対話にあたって、IR担当役員(取締役または執行役員)を選任し、合理的な範囲でIR担当役員が面談に臨むほか、IR担当部門(経営企画部・総務部)が対応いたします。
  2. (2)IR担当役員は建設的な対話の実現のため、経営企画、総務、経理、財務、法務等の社内各部門と連携して対応いたします。
  3. (3)当社は、IR個別面談を行うほか、定期的に決算説明会を開催し、株主・投資家の皆様との対話の促進を図ります。また、対話を通じていただいたご意見等は、随時IR担当部門より、経営陣、取締役会および関係者に情報共有し、企業活動に適切かつ効果的に反映するよう努めます。
  4. (4)未公表の重要事実については、一部の株主・投資家の皆様に対してのみ開示されることのないよう、当該情報に関わる関係者に対して、社内規定に従った情報管理を徹底いたします。

6.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩防止および公平性を確保するため、各四半期の決算期日の概ね1週間前から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間は決算および業績見通しに関するコメントおよび質問への一切の回答を控えることとしております。ただし、この期間中に公表済みの業績予想を大きく修正する見込みが発生した場合には、有価証券上場規程に則り、速やかに情報開示いたします。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する