SPメニューボタン

社長ごあいさつ
Message from the President

メッセージ

当社グループは、1917年の創業以来100年以上にわたり、金属・プラスチック・紙・ガラス等、それぞれが持つ特性を活かし、人々のライフスタイルや社会の変化に応じて、さまざまな素材の容器を世の中に送り出してまいりました。

当社グループは、2016年4月に制定した経営思想のもと、次の100年に向けて、素材の開発と加工の技術を軸に、人々の暮らしをより豊かにし、環境にやさしいしくみを拡げ、さらなる発展と進化を目指しております。

現在、当社グループを取り巻く事業環境は想定を超えて変化し、解決すべきさまざまな社会課題が顕在化しております。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、人びとの生活様式も大きく変容しております。このような環境下において、当社グループは、2021年5月に、社会や地球環境について長期的な視点で考え、すべてのステークホルダーの皆様に提供する価値の最大化を図るべく、2050年を見据えた「長期経営ビジョン2050 『未来をつつむ』」を策定しました。その実現に向けて、2030年に達成を目指す定量的・定性的な経営目標である「中長期経営目標2030」を設定し、この目標を達成するためのアクションプランとして、2021年度から5ヶ年の「中期経営計画2025」を策定しました。本中期経営計画では、「くらしのプラットフォーム」へ向けた持続的な成長を基本方針とし、「既存事業領域の持続的成長」、「新たな成長領域の探索・事業化・収益化」、「成長を支える経営基盤の強化」の3つの主要課題に取り組み、諸施策を着実に遂行することで当社グループの企業価値の最大化を図ってまいります。

皆様には、今後とも格別のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

東洋製罐グループホールディングス株式会社代表取締役社長 大塚一男

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する