SPメニューボタン

東洋製罐グループの経営思想
Management Philosophy of Toyo Seikan Group

経営思想

経営理念

常に新しい価値を創造し、
持続可能な社会の実現を希求して、
人類の幸福に貢献します。

信条
品格を重んじ、あらゆる事に日々公明正大に努めます。
一人ひとりの力を最大限に発揮し、自己の成長と共に社会の繁栄に努めます。
ビジョン
世界中の人に必要とされる斬新で革新的な技術と
商品を提供するグループを目指します。

企業理念体系

東洋製罐グループの永続的発展のための共通価値基盤をまとめた概念図です。
これは、東洋製罐グループ共通の経営思想であり、グループとして力を合わせて総合力を発揮していくための基盤になります。

  • 枠内の図は左右にスクロールできます
大分類 中分類 内容 時間単位
経営思想

経営理念

東洋製罐グループの存在意義、使命
永遠に守りつづけるもの
各社の経営理念は、グループ経営理念と同じ次元に位置する

普遍

信条

私たちが仕事をする上での基本的な考え方・姿勢・価値基準

超長期

ビジョン

経営理念を実現するための具体的な方向性、将来像

長期

時代に
合わせて変更

規範

企業行動憲章

グループが遵守・実践すべき枠組み

中長期

法令、制度など
社会の要求に
合わせて
不定期に変更

企業行動規準

私たちが、枠組みの中でどのような行動をとるか具体的に
ルール化したもの。従業員の行動の前提となる規範

中長期

方針

機能別の方向性を社内外に示すもの
(コーポレートガバナンス基本方針、CSR基本方針、環境方針、
IR基本方針など)

中長期

規程

業務分掌、基本、職制、組織、人事・労務、業務

中長期

ガイドライン

製品安全ガイドライン、反社会的勢力対応マニュアル、
飲酒運転根絶に向けての指針など

中長期

経営戦略

中長期経営目標

中長期な経営目標

10年程度

定期的に更新

中期経営計画

中期的な経営目標

3年

機能別戦略

経営計画を達成するための機能別の方法
(販売、開発、生産、調達、財務、人事、情報システムなど)

3年or1年

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する