SPメニューボタン

ニュース・お知らせ
News・Announcements

  • HOME
  • ニュース・お知らせ
  • 東洋製罐グループ、世界初の閉鎖系スフェロイド形成用バッグを開発
    包装容器の技術で角膜内皮再生医療開発を加速させる
    ~株式会社セルージョンと資本・業務提携~
2022.03.23
お知らせ
東洋製罐グループ、世界初の閉鎖系スフェロイド形成用バッグを開発
包装容器の技術で角膜内皮再生医療開発を加速させる
~株式会社セルージョンと資本・業務提携~

東洋製罐グループは、水疱性角膜症の治療を目的とするiPS細胞を利用した角膜内皮再生医療の社会実装へ向けた研究開発を行う株式会社セルージョン(以下、セルージョン)と資本・業務提携いたしました。

本取り組みの中では、包装容器の技術を用いて開発された、世界初の閉鎖系スフェロイド形成用バッグ「ウェルバッグ」を利用して、セルージョンの研究開発を支援・加速させていくと共に、細胞培養容器の様々な課題を解決していきます。

詳細は下記をご覧下さい。

東洋製罐グループ、世界初の閉鎖系スフェロイド形成用バッグを開発
包装容器の技術で角膜内皮再生医療開発を加速させる
~株式会社セルージョンと資本・業務提携~


<OPEN UP! PROJECT公式サイト>
https://jp.open-up.tskg-hd.com/

無題.jpg

<ウェルバッグのご購入・導入検討に関するお問い合わせ>
東洋製罐グループホールディングス 綜合研究所 担当:田中
TEL:045-331-5161 E-mail:satoshi_tanaka@tskg-hd.com

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーの使用にご同意ください。
なお、このまま当ウェブサイトをご覧いただいた場合、クッキーの使用にご同意いただいたものとさせていただきます。
詳細はこちら

同意する